エロ動画サイトやアダルト動画サイトでよく聞くDRM制限とは?

こんにちは。管理人です。

このページでは、DRM制限という言葉について説明いたします。

結論から言いますと、DRMフリーやDRM制限がないほうがユーザーにとってはお得ということになります。

DRM制限があるとどういうことになるか?

アダルト動画サイトやエロ動画サイトの動画に、DRM制限がかかっていた場合は以下のような制限がありますのでご注意ください。

・動画をダウンロードしてから決められた一定期間を過ぎると動画が視聴できなくなる。

・定期的にネット認証(ID&Pass)が必要。

・動画サイト専用のプレーヤーをインストールしないと、動画を視聴できない。

・ダウンロードしたパソコン以外に動画をコピーすると動画が視聴不可になる。

・サイトから退会したり解約したりすると、ダウンロードしていた動画が視聴できなくなる。

DRM制限がかかっている場合、上記のような点があげられます。

海外サーバーの有料エロ動画サイトはDRMフリーの傾向

海外運営型の有料エロ動画サイト(サーバーが海外にある動画サイト)のほとんどは、動画にDRM制限はかけておらずDRMフリーとなっています。

比較して、基本的に日本国内の有料アダルト動画サイトではDRM制限をかけているところが多いです。

動画サイトで動画を購入するユーザーとしては、DRMフリーの方が良いですね。

入会を検討しているサイトの動画にDRM制限がかかっているか否かは事前にチェックしておきましょう。

DRM制限がない動画サイト・DRM制限がある動画サイト

DRM制限なし

カリビアンコム一本道パコパコママなどのDTIグループ系の動画サイトや、リアル素人CLUB-XXXトリプルエックスなどのSBSグループの動画サイトでは動画にDRMがかかっていません。

つまり、上記の動画サイトの動画はダウンロード保存すれば、サイト退会後も動画を永久保存できるということです。

ただし、注意していただきたい点があります。

スマホ会員やストリーミングプラン会員ですと、挿画を見るだけの会員となります。

スマホ会員やストリーミングプラン会員の場合、会員プランの料金設定は安くなっていますが、動画をダウンロード保存できませんのでご注意ください。

DRM制限あり

当サイトで、DRM制限がかかっているのはFANZAとU-NEXT、DUGAです。

DUGAは7割がDRM制限があり、残りの3割はDRM制限なしとなっています。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました